卒業生・在校生の声①

木下 剛さん 茨城県出身
設備・構造安全(旧鋼構造)工学科卒:現在非破壊検査業

溶接の職人をめざして入学しましたが、多くの資格を取得したことで就職先は様々な職種から選択する事が可能でした。現在勤務している検査業界では、「技量・知識と資格」どちらが欠けても通用しません。当校なら、技量・知識を実戦経験豊富な先生から指導を得ることができ、又溶接や非破壊検査をメインとした資格取得に対する講義も充実しています。
私は普通科の高校卒業後に入学したので、最初は周りの仲間についていけるか不安がありましたが、共通の目標をもった仲間や先生の指導により楽しく充実した学校生活を送る事ができました。
 

卒業生の声②

島田 佳四郎さん 埼玉県出身
鉄骨生産(旧鉄骨情報)工学科卒:現在鉄骨加工業(CAD担当)

大学では経営学を学び本学へは家業のために資格取得を目的で入学しました。超音波探傷、溶接技術、CAD等、僕らが理解し実践可能になるまで先生方は本当に厳しく、優しくご指導下さりました。心から感謝しています。
取得した資格は、超音波探傷レベル3、鉄骨製作管理1級、WES2級、鉄骨製品検査、2級建築士、2級建築施工管理技士等で、一番苦労したのはレベル3です。現在の職場ではCADを担当し、日夜奮闘中です。少しでも早く正確な図面を手渡したいと頑張っています。

在校生の声

泉 英朗さん 和歌山県出身
鉄骨生産工学科2年

入学前は別の業種の仕事をしていましたが、家業の鉄工所を手伝うことになった時にこの学校の存在を知りました。素人同然の僕が独学で仕事を覚えていくよりもプロに教わったほうがいいと思い入学を決めました。
若くはないので授業についていけるか不安がありましたが、先生方が熱心に指導して下さったおかげもあって、今では知識も実技もある程度は身についたと思っています。
卒業後は家業の鉄工所を引っ張っていける人材になりたいので現状に甘んじることなくこれからも勉強していこうと思います。